宮沢賢治の故郷岩手県へ行ってきました

2016年1月3日、4日。

宮沢賢治の故郷である岩手県へ行ってきました。

今年の5月、10月に上演する劇団クリエミュージカル「銀河鉄道の夜」の制作のための取材。

人生初の岩手に上陸し、注文の多い料理店や宮沢賢治記念館、イーハトーブ館や小岩井牧場など、宮沢賢治の足跡を辿りました。

「銀河鉄道の夜」の舞台となっているイギリス海岸に関しては動画をアップしました。

曇りでしたが少し星が見えました。(カメラでは映りませんでした、、、)

 

「賢治はここを歩いただろうか。」

「賢治はここで何を思っただろうか。」

「賢治はどういう思いで作品を書いていたのだろうか。」

 

少しでも心情を感じようと思いを馳せました。

今回、この「銀河鉄道の夜」の音楽制作するにあたり、物語の世界観や心の動きを含めた人物像を再現する以外に、「宮沢賢治が生きてきた中で得た心情」も断片的に表現できればと思っております。

 

『われらに要るものは銀河を包む透明な意志 巨きな力と熱である』

今回、一番心に突き刺さった宮沢賢治の言葉。

 

「ごんぎつね幻想」「おやゆび姫」、そして「銀河鉄道の夜」

というクリエミュージカル三部作の完結編でもあるので、作品への思いはもちろん、これまで共にステージを作ってきた方々の思いも糧にして音楽を作っていきます。

 

ミュージカル「銀河鉄道の夜」

■2016年5月4日(水・祝) 2回公演

■つくばカピオホール

■詳細

後日

■劇団クリエ

http://www.kurie1992.or.jp/index.html