劇団クリエつくば 10周年記念 第8回公演ミュージカル「フクロウの棲む街」幕を閉じました。

音楽とピアノ、そして出演をさせて頂いた、劇団クリエつくば 10周年記念 第8回公演ミュージカル「フクロウの棲む街」幕を閉じました。

キャスト、スタッフの方々、本当にお疲れ様でした。

何よりもご来場頂きました皆様、心より感謝申し上げます。

 

今回、つくばのお話ということでしたが、

「みんなそれぞれに故郷があり、故郷があるということは自分自身が大勢の先人たちが作り上げてきた歴史の上に生きている。

だからこそ、その未来を生きれなかった方々のためにも今を必死で生きなければならない」ということが少しでも感じて頂けたのであれば幸いです。

 

自分だけの命だと思っている命は、決して自分だけの命ではなく、それぞれ人間も動物も過去からの「命のつながり」を持って生まれてきている。

自分の周りの家族や友達、職場の人やまったくの他人までも、その背景には「命のつながり」を必ず持っている。

そういうことをお互いに意識して接すれば、もっとみんな優しく、互いを思いやれるのではないでしょうか。

 

この物語を通し、音楽を作り、何よりもみんなとステージを作っていく上で今回も学ばせて頂きました。

これを糧に、次はひたちなか公演に向け、頑張っていきます!

 

NPO法人劇団クリエ 

http://www.kurie1992.or.jp/index.html