「ASSH 十五周年記念興行・第二弾『蒼海のティーダ ~Truth~ The Five God Chronicle・琉球編』」のメインテーマ音楽を担当します。

「ASSH 十五周年記念興行・第二弾『蒼海のティーダ ~Truth~ The Five God Chronicle・琉球編』」が、8月9日から13日まで東京・CBGKシブゲキ!!にて上演される。

 

本作は、2014年に初演された「蒼海のティーダ」の再演。劇中では、“戦国時代のヤマトの国”を舞台に、人魚伝説を下敷きにしたネオフィクションエンタテインメントが展開する。

 

【STORY】

戦国時代のヤマトの国の物語。

舞台は火の国のさらに南にある、小さな島国リューサー王国。その国を統治していた王が倒れた。

そこから物語は始まる・・・。

王子であったティーダは、海辺で不思議な女を見かけた。その女はザン・・・。

なんと人魚だったのである。

ティーダはザンに一目惚れした。そして、ザンもまた・・・。

ザンは海の神様に願い、人の姿に変えてもらう。その代償として言葉を失ったザン。

その頃、火の国より海原天陽と名乗る男が漂着してきた。天陽はヤマトの民を憎む、リューサー王家に狙われることとなる。

一方、火の国の兵士たちが、不老不死になれると伝説のの人魚の肉を求め、リューサー王国に向かって海を渡っていた。

ザンに危機が迫っていた。ティーダはザンを守るため立ち上がる。

リューサー王国の運命はいかに・・・

これは恋と海と戦いの物語。

 

【STAFF】

脚本・演出:松多壱岱

舞台監督:住知三郎

舞台美術:照井旅詩

照明:村山寛和 (マーキュリー) 

音響:牛若実 (UC-WORKER)

衣装:壺阪英理佳(ASSH)

ヘアメイク:青山亜耶

メインテーマ:金藏直樹

劇伴音楽制作:榎本広樹(Prhythm/epx)

映像制作: 曾根久光(co:jin projects)

殺陣振付:鵜飼主水・小栗諒(ASSH / オッドエンタテインメント) 

サンプラー:山本美智子

ダンス振付:松本稽古

フライヤー・WEBデザイン:東京神父

キャスティングプロデューサー:東川真之(株式会社SANETTY Produce)

アシスタント・プロデューサー:藤川道子

プロデューサー:松多壱岱、小林諸生

エグゼクティブ・プロデューサー:佐藤圭一

制作協力:TEAM#BISCO

企画・製作:オッドエンタテインメント/ASSH

http://www.odd-inc.co.jp/stage/soukai/