INFORMATION

2曲のピアノ協奏曲作曲

クリエ音楽教室開設30周年記念コンサート「オーケストラとともに」のために、ピアノ協奏曲「星めぐりの歌〜本当の幸いのために〜」、ピアノ協奏曲第1番「生きることの幸せ」を作曲させて頂きました。

 

■ピアノ協奏曲『星めぐりの歌〜本当の幸いのために〜』作曲編曲

(作詞・作曲:宮沢賢治 ピアノ演奏:川上更紗 ヴァイオリン:小堀詠美 合唱:劇団クリエ有志 指揮:三原隆正 オーケストラ:クリエ記念室内管弦楽団)

宮沢賢治さんの「星めぐりの歌」を ピアノ協奏曲に編曲し、劇団クリエミュージカル「銀河鉄道の夜」での劇中曲を織り交ぜて展開されます。

賢治さんが求めた「本当の幸いについて」今一度、私の思いを曲に込めました。

劇団クリエでもある川上更紗さんのピアノ、小堀詠美さんのヴァイオリン、有志の皆さんの合唱が、天にいる賢治さんとその妹のトシさんに届くよう願います。

 

■ピアノ協奏曲第1番『生きることの幸せ』作曲

(ピアノ演奏:上原久栄 指揮:三原隆正 オーケストラ:クリエ記念室内管弦楽団) 

テーマは「感謝」「生きることの素晴らしさ」です。

音楽教室主宰者でもあり、劇団クリエプロデューサーでもある上原久栄さんの人生を描くことを中心とし、私が劇団クリエと出会って過ごしてきた思い出も盛り込みました。

ミュージカル「ごんぎつね幻想」やミュージカル「きつね」、そしてミュージカル「おやゆび姫」の曲をモチーフを基に展開されます。

これまで出会ってくださったすべての人に聴いて頂きたいです。

 

クリエ音楽教室開設30周年記念コンサート

「オーケストラとともに」

 

日時:2017年9月2日(土)開演:17:30(開場17:00)

 

場所:ひたちなか市文化会館 大ホール

 

チケット:一般¥1,500 学生¥1,000 親子チケット¥2,000

 

主催:クリエ音楽教室

 

問い合わせ:029-274-7701 

 


舞台「蒼海のティーダ~Truth~ The Five God Chronicle・琉球編」 オープニング映像公開

メインテーマ曲を製作しました舞台「蒼海のティーダ~Truth~ The Five God Chronicle・琉球編」

オープニング映像が公開されました。

 

 

企画・製作:オッドエンタテインメント/ASSH

http://www.odd-inc.co.jp/stage/soukai/


「ASSH 十五周年記念興行・第二弾『蒼海のティーダ ~Truth~ The Five God Chronicle・琉球編』」のメインテーマ音楽を担当します。

「ASSH 十五周年記念興行・第二弾『蒼海のティーダ ~Truth~ The Five God Chronicle・琉球編』」が、8月9日から13日まで東京・CBGKシブゲキ!!にて上演される。

 

本作は、2014年に初演された「蒼海のティーダ」の再演。劇中では、“戦国時代のヤマトの国”を舞台に、人魚伝説を下敷きにしたネオフィクションエンタテインメントが展開する。

 

【STORY】

戦国時代のヤマトの国の物語。

舞台は火の国のさらに南にある、小さな島国リューサー王国。その国を統治していた王が倒れた。

そこから物語は始まる・・・。

王子であったティーダは、海辺で不思議な女を見かけた。その女はザン・・・。

なんと人魚だったのである。

ティーダはザンに一目惚れした。そして、ザンもまた・・・。

ザンは海の神様に願い、人の姿に変えてもらう。その代償として言葉を失ったザン。

その頃、火の国より海原天陽と名乗る男が漂着してきた。天陽はヤマトの民を憎む、リューサー王家に狙われることとなる。

一方、火の国の兵士たちが、不老不死になれると伝説のの人魚の肉を求め、リューサー王国に向かって海を渡っていた。

ザンに危機が迫っていた。ティーダはザンを守るため立ち上がる。

リューサー王国の運命はいかに・・・

これは恋と海と戦いの物語。

 

【STAFF】

脚本・演出:松多壱岱

舞台監督:住知三郎

舞台美術:照井旅詩

照明:村山寛和 (マーキュリー) 

音響:牛若実 (UC-WORKER)

衣装:壺阪英理佳(ASSH)

ヘアメイク:青山亜耶

メインテーマ:金藏直樹

劇伴音楽制作:榎本広樹(Prhythm/epx)

映像制作: 曾根久光(co:jin projects)

殺陣振付:鵜飼主水・小栗諒(ASSH / オッドエンタテインメント) 

サンプラー:山本美智子

ダンス振付:松本稽古

フライヤー・WEBデザイン:東京神父

キャスティングプロデューサー:東川真之(株式会社SANETTY Produce)

アシスタント・プロデューサー:藤川道子

プロデューサー:松多壱岱、小林諸生

エグゼクティブ・プロデューサー:佐藤圭一

制作協力:TEAM#BISCO

企画・製作:オッドエンタテインメント/ASSH

http://www.odd-inc.co.jp/stage/soukai/


劇団クリエつくば 10周年記念 第8回公演ミュージカル「フクロウの棲む街」幕を閉じました。

音楽とピアノ、そして出演をさせて頂いた、劇団クリエつくば 10周年記念 第8回公演ミュージカル「フクロウの棲む街」幕を閉じました。

キャスト、スタッフの方々、本当にお疲れ様でした。

何よりもご来場頂きました皆様、心より感謝申し上げます。

 

今回、つくばのお話ということでしたが、

「みんなそれぞれに故郷があり、故郷があるということは自分自身が大勢の先人たちが作り上げてきた歴史の上に生きている。

だからこそ、その未来を生きれなかった方々のためにも今を必死で生きなければならない」ということが少しでも感じて頂けたのであれば幸いです。

 

自分だけの命だと思っている命は、決して自分だけの命ではなく、それぞれ人間も動物も過去からの「命のつながり」を持って生まれてきている。

自分の周りの家族や友達、職場の人やまったくの他人までも、その背景には「命のつながり」を必ず持っている。

そういうことをお互いに意識して接すれば、もっとみんな優しく、互いを思いやれるのではないでしょうか。

 

この物語を通し、音楽を作り、何よりもみんなとステージを作っていく上で今回も学ばせて頂きました。

これを糧に、次はひたちなか公演に向け、頑張っていきます!

 

NPO法人劇団クリエ 

http://www.kurie1992.or.jp/index.html


ミュージカル「フクロウの棲む街」の音楽とピアノ演奏を担当します。

劇団クリエ つくば 10周年記念 第8回公演 オリジナルミュージカル「フクロウの棲む街」の音楽とピアノを担当します。

 

■公 演 名

オリジナルミュージカル「フクロウの棲む街」

 

■スタッフ

脚 本 : 上原久栄

音 楽 : 金蔵直樹

演 出 : 大滝順二

振 付 : 梅原美穂

 

■ストーリー(プロデューサー「上原久栄」より)

 今年は、劇団クリエつくば第1回公演から10年目の節目の年となります。

 10周年記念公演として、つくば市を舞台にしたお話を書き下ろしました。

 つくば市は、研究学園都市として発展してきましたが、周囲には田園風景も広がり、古くからの住民もいます。ここが故郷の人、新しくここに移り住み、ここが故郷になっていく人、それぞれを描きました。

 また、市の鳥であるフクロウや、フクロウの周りにいる鳥やネズミなども描いています。

 星咲雪乃という高校3年生の心の成長を軸に、つくば市の四季を織り交ぜながら、ストーリーが進んでいきます。

 「私」がここに在る意味と、その生命がつながっていくことの意味を、一人一人が考えてくれたら、という思いで作品を書き下ろしました。

 

■公演日程

2017年5月4日(木・祝) (2回公演)

①14:00~ ②17:30~

 

■会場

つくばカピオホール (つくば市竹園1-10-1)

 

■チケット

一般 ¥2,200 高校生 ¥1,800 3歳~中学生¥1,300

(当日¥500増)

 

■チケット取り扱い

劇団クリエHP 

http://www.kurie1992.or.jp/index.html

つくばカピオ・ノバホール・ヤマハピアノサロンつくば

 

■後援

茨城県

茨城県・つくば市・土浦市・桜川市 各教育委員会

朝日・読売・茨城 各新聞社 茨城放送

 

■主催  

NPO法人劇団クリエ 

http://www.kurie1992.or.jp/index.html


舞台「鬼切丸伝~源平鬼絵巻~」の主題歌「名もなき彼」「色なき風」配信開始されました。

金藏が作曲しました舞台「鬼切丸伝~源平鬼絵巻~」の主題歌「名もなき彼」「色なき風」配信開始されました。

 

■iTunes Store

https://itunes.apple.com/jp/album/id1196559365?app=itunes

■レコチョク

http://recochoku.jp/album/A1005991764/?affiliate=4350010196

 

【メインテーマ「名もなき彼」】

作詞:松多壱岱 作曲/編曲:金藏直樹 

Vocal:ANNA

 

【挿入歌「色なき風」】

作詞:松多壱岱 作曲/編曲:金藏直樹 

Vocal:ANNA

 


舞台「鬼切丸伝 ~源平鬼絵巻~」大好評で初日終えました。

メインテーマと挿入歌を作曲した舞台「鬼切丸伝」大好評で初日を終えました。

源平の戦いの最後を知っているだけに最後までドキドキと涙を堪えるのに必死でした。

 

キャストの皆さんによってその時代を血と涙で生き抜いた姿を見せられました。

ANNAさん、今回も素晴らしい歌声をありがとうございました!

松多さん、今回も物語を凝縮した作詞と楽曲を大切に使ってくださってありがとうございます!

毎回、新しい試みを取り入れる攻めの演出、驚かされました!

そして、キャストやスタッフの方々、お疲れ様でした!

健康第一で千秋楽まで駆け抜けてください!

 

【楽屋写真】

脚本、演出の松多さん、ボーカリストのANNAさん、そして素敵なキャストの皆さん。

 

作:楠 桂 『鬼切丸伝』(リイド社)

脚本・演出:松多壱岱

プロデューサー:小林諸生/松多壱岱

製作:ASSH×オッドエンタテイメント

http://www.odd-inc.co.jp/stage/onikirimaruden/ 


舞台「鬼切丸伝 ~源平鬼絵巻~」の主題歌を担当します。

楠桂先生のマンガ「鬼切丸伝」を原作とする「舞台 鬼切丸伝 ~源平鬼絵巻~」の主題歌を担当します。

 

ボーカルは、舞台「轟然」に引き続き、ANNAさんです。

 

【イントロダクション】

「鬼切丸」(オニキリマル)は、人気漫画家「楠桂」の代表漫画で

唯一鬼を殺せる神器名剣“鬼切丸"を操る少年と鬼との戦いを繰り広げる怪奇アクション。

 

1992年から2001年まで『少年サンデー超増刊号』(小学館)で連載。さらに単行本は少年サンデーコミックス(小学館)より全20巻が刊行、2006年11月には文庫版が出版され、OVA版も1994年から1995年に発売されるという、人気コンテンツ。

本作「鬼切丸伝」(オニキリマルデン)は『コミック乱ツインズ 戦国武将列伝』で連載中で、舞台を平安時代や戦国・安土桃山時代に変えて、新シリーズとしてリメイク。一、二を争う人気作品となっている。

 

「~源平鬼絵巻~」は「鬼切丸伝」第1巻「鬼切丸誕生秘話」、第2巻「武蔵坊弁慶の章」、などを基にした舞台オリジナルストーリー。

 

【舞台 鬼切丸伝 ~源平鬼絵巻~】

2016年1月18日(水)~22日(日)

東京都 六行会ホール

原作:楠 桂 『鬼切丸伝』(リイド社)

脚本・演出:松多壱岱

プロデューサー:小林諸生/松多壱岱

製作:ASSH×オッドエンタテイメント

http://www.odd-inc.co.jp/stage/onikirimaruden/

【ニュース記事】

http://natalie.mu/stage/news/206455  

 


舞台「轟然」と舞台「蒼海のティーダ」の楽曲配信。

テーマ曲を担当した2015年に上演された舞台「轟然(http://assh.info/gozen/)」と2014年に上演された舞台「蒼海のティーダ(http://assh.info/soukai/)」曲が配信されました!

 

●I'm calling you / さざ波 (舞台「轟然-2015」主題歌)

・iTunes Store

https://itunes.apple.com/jp/album/id1171068024?app=itunes

・レコチョク

http://recochoku.jp/album/A1005453546/

 

●蒼海のティーダ (舞台「蒼海のティーダ」主題歌)

・iTunes Store

https://itunes.apple.com/jp/album/id1171062774?app=itunes

・レコチョク

http://recochoku.jp/song/S1003855654/

 

オッドエンタテイメント

http://www.odd-inc.co.jp

 


一年間共に過ごしたミュージカル「銀河鉄道の夜」無事終了。

劇団クリエ ミュージカル「銀河鉄道の夜」ひたちなか公演無事に終了しました。

 

私にとって初めての三回公演。

全てを出し切った。

いや、全てを出し切って更に出した。

 

でも幸せな感じ。

 

この作品を通し、自分なりの「本当の幸せ」「犠牲の愛」を主題にし、音楽を作って、ピアノ演奏でみんなと共にステージに立った。

 

今回、銀河鉄道で作曲された曲はどれも自分一人で作ったという感じがしなかった。

そこには、いつも賢治さんがいたような気がする。

賢治さんが愛していたチェロを楽曲に入れ、今回に関しては、生前ヴァイオリンを演奏していた妹のトシさんを象徴するヴァイオリンも入れた。

 

このステージで賢治さんとトシさん、兄妹でまた演奏して欲しかったからだ。

 

確かに二人はメンバーと共にステージにいた。

演奏中、温かさに包まれた私は、限界を越え、いつしかジョバン二とカムパネルラの言葉が私の心を燃やした。

 

「僕だって、本当の幸せの為ならひゃっぺん焼かれてもかまわない みんなの幸せの為ならば」

 

ひたちなかとつくばでみんなと一緒にステージに立った賢治さんは、最後の曲「銀河よ」で、再び天上へ戻りました。

1年間ありがとう「銀河鉄道の夜」


美人時計×水戸さんとコラボレーション

美人時計×水戸さんとのコラボレーション。

1つ目の映像は、水戸八幡宮さんで写真と映像撮影をさせて頂きました。

今回のテーマは「夏の終わり」

浴衣での撮影をさせて頂きました。

撮影した他の写真は↓からご覧頂けます。

https://www.facebook.com/bijintokeimito/

 

参加してくれたのは

・もえぴぴさん

http://prof.bijint.com/MTcwOTA1e8f

・ゆーかさん

準備中

・Miki さん

 

二つ目の映像は、酒列磯前神社さんで写真と映像撮影をさせて頂きました。

初のコラボレーションです。当日の写真撮影の映像です。

 

参加してくれたのは

・かすみさん

http://prof.bijint.com/MTQzNDM2dc5

・TOMOKAさん

 http://prof.bijint.com/MTQzNjU2359

・ここたんさん

http://prof.bijint.com/MTc0MTM6676

・Nao さん

http://prof.bijint.com/MTc1MjM6d07

 

撮影した他の写真は↓からご覧頂けます。

https://www.facebook.com/bijintokeimito/

 

■撮影場所

水戸八幡宮

〒310-0065 茨城県水戸市八幡町8−54

Tel.029-221-5327/Tel.029-226-8854(昼間のみ)

Fax.029-224-0185

http://www.mitohachimangu.or.jp/

 

酒列磯前神社

〒311-1202 茨城県ひたちなか市磯崎町4607−2

029-265-822

http://sakatura.org/

 

■美人時計×水戸 officialpartner

https://www.facebook.com/bijintokeimito/

㈱アンカースタッフ

茨城県水戸市袴塚3丁目1-36

スケガワビル

029-233-5656

http://anchor-staff.jp/

 


イラストレーターのみしまゆかりさんとコラボレーション「3Dストップモーションアニメ」

イラストレーターの「みしま ゆかり(https://www.facebook.com/illustrator.yukari.mishima/)」さんとのコラボレーション作品。

みしまさんの今にも飛び出して動き回りそうな、生き生きとした絵にあわせ作曲しました。絵を描く「シャカシャカ」という音は実際の描く音を使っています。

こちらの作品は、第5回クリエイターEXPOに出展されるということなので、ご来場される方は見にきて頂ければと思います。

■第5回クリエイターEXPO

 日時: 2016年6月29日(水)~7月1日(金)  10:00~18:00

 場所: 東京ビッグサイト西展示場

 主催: リードエグジビションジャパン株式会社

※みしまさんのブースは イラストレーターゾーン 25-23 です。


舞台「覇権DO!!戦国高校天下布武」の音楽を担当します。

舞台『覇権DO!!戦国高校天下布武』の音楽を担当します。

大好評につき、今回で4度目の上演。

 

林野健志さんや井深克彦さんら前作でご出演なさった方々はもちろん、クイズヘキサゴンでお馴染の松岡卓弥さんや羞恥心の野久保直樹さんら新たな出演者の方々も加え、更にパワーアップしております。

そして、前作の曲も新たなアレンジで甦ります。

今回もメインテーマは橋本真依さん(http://ameblo.jp/hashimai)、挿入歌は江守舞さんです。

 

まつださんの名作に彩を添えられたらと思います。

 

■amipro(http://www.39amipro.com/)

舞台『覇権DO!!戦国高校天下布武』

脚本・演出:まつだ壱岱

7/13(水)-18(月)

@新宿村LIVE

http://www.cnplayguide.com/amitike/


インプロライブ-劇団クリエとモザイクスとひろきゅんと金藏直樹-

2016年5月15日

つくばで行われた「インプロライブ-劇団クリエとモザイクスとひろきゅんと金藏直樹-」の模様です。

※インプロ(即興/即興演劇)

台本や打ち合わせが全くなく、その瞬間に起こったことを、

即興的な演技手法を用いて、自発的に演じる形式の演劇です。

■出演

・劇団クリエ(http://www.kurie1992.or.jp/

大滝順二、大西衿沙、武井泉、江口悠太、小堀詠美、青木菜摘、大西未玲

・モザイクス(http://mosaiques.hotcom-cafe.com/

HIME、UMECHO、RYO-TA、KO-HEY、ERISA

・ひろきゅん(http://asobiba-asobo.jimdo.com/

・金藏 直樹(http://naoki-kanekura.jimdo.com/


0 コメント

劇団クリエつくば ミュージカル「銀河鉄道の夜」無事に終了しました。

 

ミュージカル「銀河鉄道の夜」が5月4日無事に終了致しました。

2公演共に満席。

ご来場頂きましたすべての方々に感謝申し上げます。

 

また、これまで関わってくださったスタッフの方々や保護者の方々がいてくださった上での成功と言っても過言ではありません。

本当にありがとうございました。

 

そして、出演者の皆さん、本当に長い間、お疲れ様でした。

色々あったけど終わっちゃったね、、、、

みんなといない土日は何だか不思議な感じ。

でも、全力を出し切ったので悔いはありません。

 

「ごんぎつね幻想」「おやゆび姫」そして「銀河鉄道の夜」

この三部作を通して沢山考えさせられた。

作品はもちろん、原作者の生涯にフォーカスし、「音楽」として作者を蘇らせ、共にステージに立つということを毎回考えた。

気持ちを受けすぎて、身体が重くなり、涙が止まらなくなることも多かった。

「銀河鉄道の夜」に関しては自分の曲ではないくらい大変だった。

 

ただ、同時にみんなと過ごしてきた長いようで短かった三年間も音にしたかった。

カーテンコールでは、「ごんぎつね幻想」と「おやゆび姫」の曲フレーズを出現させ、その後「重ねられた歳月の中の〜♪」という歌詞に繋げた。

「出会いも別れもあるけど、一緒にステージに立った時間は忘れないで」

そんな思いを込めた。

 

「音楽とは何なのか」

音楽は人の心に届いて初めて「音楽」というけど、自分の中で答えがでた。

 

「音楽とは、人の思い出と結びついて、その人の心に鳴り続け、やがては永遠なる音楽になる。作者が亡くなったあとも」

このことをみんなに気づかせてもらった。

 

大量生産が良いわけでもなく、売れる曲がすべてでもない。

本来音楽は消耗品ではない。

移り変わりの激しい現代。

曲が自分の手元から離れて、たった一人でもいつまでも聴いてくれる人がいたらこれほど幸せなことはない。

 

「喜んでくれる人がいる 何て素敵なことなんだ」

 

この3年間、本当にありがとう。



0 コメント